So-net無料ブログ作成
検索選択

装飾UP完成! [LEGO]

よお!ショップのおやっさんから完成したってLINEが来たから
早速装着してもらったぜ。

DCC001.JPG

出来栄えを見てくれよな。
なんだか最近はROLEXの話が少ないらしいけどな。
俺っちも金無垢のROLEX持ってるんだぜ。パチもんじゃねえぞ!


DCC002.JPG

どうだい?キャリア前面にランプと行燈を付けてもらったぜ。
いままではただの逆スロープの斜面だったからな。


DCC003.JPG

と、いうわけで解説に参ります。
今までは逆スロープブロックで斜面を表現していましたが
斜面に全く装飾ができませんでした。
発想を転換しブラケットの組み合わせでキャリア前面に装飾を施しました。


DCC004.JPG

上段は1×1スロープを電飾として装着。まだレアなトランスピンクを
用いています。


DCC005.JPG

下段は行燈を表現。実車だとこの位置の行燈が車の表札のようなもので、
例えば「○○丸」といった風に車名を誇らしげに配置する箇所です。
プリンタで文字を印刷したシールを貼りたいところです。
LEGO純正を貫き1×4のトランスライトブルーのタイルとしました。


DCC006.JPG


今回キャリア前面以外は変更ありません。


DCC007.JPG

今回メイン行燈を装着し装飾も増えてますます迫力の仕上がりに。
また違った装飾の2号車の制作も検討中です。


さらなるカスタム実行中。 [LEGO]

よお!また会ったな!
トラックが大きくなって収入もアップしたので
さらにカスタムすることにしたぜ!
キャリアの前面に行燈やランプを付けてもらうように
ショップのおやっさんに頼んできたぜ。

CMOD001.jpg

完成して装着したら披露するから楽しみにまっててくれよ!
いまは見てのとおりキャビンの上が寂しいけれどカッコよくなるからな!
じゃ、みんなも毎日安全運転で行こうぜ!


希少パーツ入手 [LEGO]

国内のパーツショップで入手困難な物でも
世界を相手にすると違います。


BLG001.jpg


先日国際小包が到着。


BLG002.jpg


ドイツからの荷物です。


BLG003.jpg


中身はこちら。今回はあまり大量には注文していません。
送料もかかりますが、早く入手したかったので小ロットで発注。


BLG004.jpg


ショップのカードとなぜかハリボーがおまけ。


BLG005.jpg


今回の目玉。ゴールドのホイールです。
国内ではやっとグレーのものが安定供給されつつあります。
白や黒やゴールドはショップのラインナップにすらありません。
ゴールドはセット入手しようとしても1セットしかなく
それも1セットに1個しか入っていませんので車制作には
パーツ買いをする必要があります。
ゴールドの大量購入。ウハウハです。


BLG006.jpg

他にも、画像では青っぽく見えますがこれはトランスパープルの
1×1スロープです。これもまだなかなかお目にかからないパーツです。


近々ゴールドホイールを用いた車を発表します。
世界を相手にするとパーツの幅が広がりますね。

12連敗。 [NIKE]

本日も抽選販売に参加。

FPO001.jpg

エア フォームポジット ワン 落選。
次いってみよ~w


LEGO 特殊車両作製 [LEGO]

いままでいくつかレゴ作品を紹介してきましたが
今回は参考にした先人たちの作品もなくフルオリジナルの作品です。

RSPR001.jpg

早速紹介に入ります。今回は彼が乗る特殊車両です。

RSPR002.jpg

皆さんも一度は見たことがあるでしょうか?
道路を清掃する特殊車両、ロードスイーパーです。

RSPR004.jpg

数多くの画像を参考資料として組み上げました。
今回も私のスタンダードの6幅車としました。

RSPR003.jpg

このサイドビューが気に入っています。
特徴的なフォルムでありやりがいがありました。
前後タイヤとボディの位置関係、ブラシとキャビンの位置関係に
特に気を配りました。

RSPR005.jpg

リアは後ろに行くほどテーパーしています。

RSPR006.jpg

最後部は2幅になります。

RSPR007.jpg

黄色い車体に白ラインが入っていることを色分けで再現。
できれば現在の白ラインの1つ上のブロックのラインを白くしたかったのですが
ドアが塗り分けを表現できないためラインを連続させられる現在の形状としました。

RSPR008.jpg

かなり特殊な形状なので再現に苦労したフロント部。
実車では吸い込んだごみを集めるバケットになっています。

RSPR009.jpg

リアがすぼまっている形状がお解りいただけるでしょうか。

RSPR010.jpg

先端の台形のプレートはごみを集めて寄せるプラウを再現。
シンプルかつリアルな再現をするためのパーツ選びに苦労しました。
中央の赤と白のストライプタイルが特殊車両感をアップさせています。
ステッカーではなく古いプリントタイルパーツなので貴重です。
その両脇には散水ノズルを再現。
ライトとウインカーも丸形、角型を再現。

SPP001.jpg

道路の端のごみを集めるためのブラシ。ボディの左右についています。

RSPR011.jpg

バックミラーと車体前方(プラウ周辺)を確認するためのミラー。

RSPR012.jpg

車体前方を確認するためのミラーなのでバーを駆使して前方に張り出させました。

RSPR013.jpg

この車両の一番の特徴である清掃ブラシ。
実車同様に斜め上から後方に下がるアームを再現。
車体下部はブラシの可動と形状の再現、なおかつ色の統一もしたかったので
3回ほど組みなおして改良を重ねました。

RSPR014.jpg

前輪周囲、ブラシ前方の吸引部のメカ部も溝入りブロックや
1×1ラウンドプレートでリアルに再現。
なるべくブラシに接近し、なおかつ可動の妨げにならないようにしました。

このBlog初の動画なのですが、ブラシは上り坂・下り坂でも
路面に追従して可動します。もちろん走行時に回転します。

RSPR015.jpg

キャビンは側面の小窓を再現したくて2×1×2の窓枠パーツを使用。
ガラスが窓枠とツライチになる飛行機用の窓枠を使用しました。
旧パーツにこだわり、枠と透明ガラスは海外から中古パーツを取り寄せました。
現行の窓枠とガラスだと枠からガラスがへこんで見えてしまいます。

RSPR016.jpg

ウインカーとブレーキランプも表現方法に試行錯誤を繰り返しました。
サイドに張り出さざるを得ないので、もっさりしないように
可能な限り体積の少ないパーツを選びました。

RSPR017.jpg

車体後部はエンジンが搭載されています。
ウエッジプレートとウエッジブロックでテーパーを再現しつつ、
側面のメッシュ部分もテーパー形状を崩さないようにグリルスロープを用いています。
キャビン後方の窓枠も飛行機用の旧パーツ、4×1×2窓枠と旧ガラスを取り寄せて使用。

RSPR018.jpg

エンジン部から突き出たエアクリーナーも再現。

RSPR019.jpg

青い1×2タイルは表示板の再現です。
実車は青地に白文字で「作業中」と書いてあります。

RSPR020.jpg

キャビンから見たミラー。実車同様に前方が確認できる位置にあります。

RSPR021.jpg

キャビン内部。
ロードスイーパーは走行するときに車体を道路わきギリギリまで
寄せられるように左右両方にステアリングがついています。
ハンドルと椅子を2つ並べて再現することもできたのですが
そうするとフィグが乗れなくなってしまうので運転席は中央に1つとし
左右にメーターやレバーを配置し運転席を表現しました。

RSPR023.jpg

窓枠とドアを両立させたためキャビンが広くなってしまったので
架空の装備としてエンジンルームの熱を用いたヒーターを
シート後方に設置してみました。

RSPR024.jpg

運転席を1つにしたためフィグ乗り可能です。

RSPR025.jpg

シートに着座しても頭はルーフに当たりません。

RSPR026.jpg

交通量の少ない夜に活躍することが多いので頻繁には見かけないですが
日々街をきれいにしています。

RSPR028.jpg

RSPR029.jpg

特徴的な形状と動くブラシの再現ができました。
色も本物に近く見た目も良好です。
フルオリジナル作品でありとても満足のいく仕上がりとなりました。
ご意見・ご感想もお待ちしています。