So-net無料ブログ作成
検索選択
ラーメン店巡り ブログトップ
前の10件 | -

井の庄 再訪 [ラーメン店巡り]

とある日の昼休み。
休み時間にこなさなければならない雑用もなく
ちょっと職場を出て昼食をとることにしました。

INS001.jpg

HUBLOT ICEBANG 
カジュアルな服装の時に装着することが多いですね。

INS002.jpg

卓上の薬味は左から 一味唐辛子 お酢 胡椒です。

INS003.jpg

今回も辛辛魚らーめん。海苔トッピング増し。本当に海苔が好きですね、私。

INS004.jpg

辛さは前回同様ふつうでお願いしました。
心なしか辛さがマイルドになったような・・・?2回目だからでしょうか?
豚骨魚介・唐辛子・ラー油の一体感がやはり美味でした。
また時間があるときに訪れようと思います。


麺匠 竹中 [ラーメン店巡り]

先日、ちょっとした時間が空いたので新しいラーメン店を
開拓しようと思い麺匠 竹中を訪れました。

TKNKA001.jpg

この日は久々のシードゥエラー4000を装着。
16710とは異なる重量感が心地よいです。

TKNKA002.jpg

品揃えは大きく分けて3種類。
最近魚介豚骨を食べることが多かったので
狙いは淡麗鶏だしとし、その中でも「特製 淡麗鶏だしらーめん」を選択。 

TKNKA003.jpg

卓上には黒胡椒ミル、醤油、お酢、一味唐辛子。
黒胡椒以外は水餃子のためでしょう。
特に薬味を設けていないところが潔さを感じます。

TKNKA004.jpg

さあやってきました。スープにはうっすらと油滴と焦がしネギが浮かび、
具材はメンマと味玉、チャーシュー。その上に白髪ネギと青ネギ。
さらにその上には柚子皮が一片。

その名の通りのすっきりとした鶏のコクとまろやかな醤油ダレが合わさり
とても味わい深いながらしつこさは皆無。
焦がしネギは本当にかすかに存在を主張する程度で良いバランスです。
途中に柚子片をごく少量かじるとやや甘めの醤油ダレに慣れた舌を
リフレッシュしてくれます。

麺はもっちりというよりはしゃっきりした食感でスープの性格と良く合っています。
ストレートな形状そのままの素直な麺でした。

TKNKA005.jpg

らーめんが登場してまもなくチャーシューがさらに別添えでやってきました。
レアな仕上がりで柔らかく、別添えとすることで加熱を避けることができます。
メンマは太さがありながらもソフトな硬さ。
味玉は割ってみると黄身かなりゆるく、とっさにレンゲの上に乗せました。
個人的にはスープ全体に混ざってしまうので黄身が流れ出さない程度の
硬さがよいのかな、と思いました。(それほどスープの風味が良かったということ)

とても美味しいらーめんでした。
時間があれば魚介豚骨ラーメン・つけ麺にもチャレンジしてみたいです。


やすべえ 3回目 [ラーメン店巡り]

当ブログに2回登場しているやすべえ。
先日も行ってきました。

YSBTHREE001.JPG

このテーブルに備えられている調味料がいいんですよね。
玉ねぎのみじん切りは甘めのつけ汁に適度な辛味と甘味、
さっぱり感を増してくれます。
けずり節は味の濃さを塩分を加えることなく補ってくれます。
この2つのバランスと元のつけ汁の味が私に合っているのでしょう。

YSBTHREE002.JPG

定番の海苔増し。この日は冷や盛りを選択。
今回も美味しくいただきました。ごちそうさまでした。


とんこつラーメン 一矢 [ラーメン店巡り]

先日ふらりと行ってみました。
中州の「麺屋一矢」の暖簾分け店とのことです。

NERMIT001.JPG

とんこつ黒ラーメンをオーダー。とんこつラーメンに焦がしマー油が加わっています。
画像では赤く見えますが黒ラーメンです。
スープはややあっさり風味でしょうか。クリーミーな感じは充分ありました。
マー油好きの私としてはあっさりスープだとマー油の風味が引き立ってGoodでした。

麺は細ストレート。かた(硬め)にしたため歯ごたえがあり食感・味ともに善し。
替え玉もかたでいきました。

壷に入っている辛子高菜を加えると舌がリフレッシュされます。
この高菜が美味で白いご飯が欲しくなってしまいます。

こってりしすぎず、麺の太さ・硬さも好みだったので美味しくいただきました。
また訪れようと思います。


麺処 いのこ [ラーメン店巡り]

あまり知られていないけれども、味は秀逸、お店の雰囲気も良好という店は
少なからず存在します。
今回はそんなラーメン店を記事にしたいと思います。

席数はカウンターのみ10席ほど。店内は正直狭めです。
そのため昼時には店外で待つ必要があります。
しかしながらそろそろ入店の順番になるとこのお店の御主人さんが
オーダーを聞いてくれて調理に取り掛かってくれます。
この御主人さんがまた丁寧な接客でとても好感が持てます。
列で待っていた間の時間もしょうがないな、と思わせてくれます。

さて、今回初訪問であったので店名を冠した 
いのこラーメン(しょうゆ・太麺)
をオーダーしました。

INOK001.JPG

トッピングは基本のラーメンにおすすめトッピングを豪華に追加したもの。
+チャーシュー・ほうれん草・味玉・角のり・ばらのり・メンマです。

スープはいわゆる家系でしょうか。濃厚な豚骨醤油ですが具材とのマッチング良し。
ほうれん草がおいしく食せます。
麺は太麺を選択したのですが、こってりスープに負けないシコシコ感。
麺を噛みしめる感触とスープの濃厚さがとても合っていました。
具材に関してはそれぞれの量が多く、白米を追加してもおかずとして
食べてみたいですね。ばらのりの風味がとても良かったです。

特筆すべきはコストパフォーマンスのよさ。いのこラーメンでおなかいっぱいです。
そして店員さんの丁寧な接客です。食べ終わってお店を出るときには
なにか気分が良くなっていました。それほど丁寧で一期一会の精神を感じました。

昼時には並びますが1回は訪れる価値の有るお店です。


きころく とりとんかつおらーめん [ラーメン店巡り]

私が以前から通っているお店を紹介します。
麺よし、スープよし、具材よしと私のお気に入りです。

KIKOR001.JPG

営業時間は一般的ですね。
メニューはつけめん、とりとんかつおらーめん、特濃とりとんかつおらーめん。
季節限定メニューもあります。

KIKOR002.JPG

このお店は初めてではないので注文は基本のとりとんかつおらーめんではなく、
限定の特濃とりとんかつおらーめんにしました。

基本のとりとんでも充分濃厚な味わいが楽しめますが、特濃だと
スープのどろり感がUPし基本よりも太さを増した麺によくからみます。
鶏・豚・鰹・野菜の複合した味はいわゆるベジポタのまろやかさがあります。
スープの濃縮度が高いので途中で玉ねぎのみじん切りを適度に混ぜ込みながら
食すと変化がついてGoodです。

麺は自家製麺、特濃は極太麺、基本には中太麺となります。
しっかりもっちりの食感はとてもよく小麦の風味充分。美味しい麺です。

具材は長ねぎ、刻み玉ねぎ、海苔、メンマ、削り節、糸唐辛子、コンフィチャーシュー。
今回は+味玉・海苔増量。
長ねぎ・刻み玉ねぎ・削り節・糸唐辛子はどのタイミングでどれだけ混ぜ込むかによって
全体の味が変わるのでこの処理の仕方で様々な評価が生まれるものと思います。
基本のとりとんでもさっぱり系を好む方は長ねぎを増量するとよいでしょう。
味玉の仕上げもちょうどよいです。メンマは拍子切りでスープに負けてないですね。
コンフィチャーシューは熱が徐々に通っていくので好みのタイミングを見つけてください。

初回に訪問する場合は基本のとりとんかつおらーめんをお勧めします。(もしくはつけめん)
最初に特濃に行ってしまうと正確な評価が難しいと思います。
このお店の真価をまずベーシックメニューで味わっていただきたいという思いがあります。
もちろん好みは十人十色なのでここまで褒めていたのに美味しくなかったぞ、なんてこともありますね(笑)
濃厚系がお好みの貴兄に是非。


やすべえ再訪問 [ラーメン店巡り]

先日初めて訪問したやすべえ。
機会があったので再度行ってみました。

yasub001.JPG

この日はEX1を装着。絶妙なサイズでオールマイティーに活躍してくれます。
なぜロレックス社は針の長さを前モデルのままにしたのでしょうか。
少なくとも長針は他のモデルと同様にインデックスにちょうど重なるように
すべきではなかったでしょうか。
前モデルとの部品の共用化が理由であるならばそれはちょっとお粗末だと思います。

yasub002.JPG

13時20分。少々遅めの昼食でした。

yasub003.JPG

今回は辛味つけめんをオーダー。麺はあつもりにしました。
そして定番の海苔増量。
つけ汁は魚介の風味に加え自家製ラー油の程よい辛さが楽しめます。
決して辛すぎることはありません。
後口の甘味は同様であり辛味と甘味のハーモニーが美味でした。

あつもりの麺は温かいが故の強すぎない、ほどよい歯ごたえが良好です。
甘辛いつけ汁と温かい麺の組み合わせはとても私の好みでありました。
この辛味は麺で冷やされてしまうと減弱してしまうのではないかと思いました。

とてもおいしくいただくことができました。
ご馳走様でした!


ばんかららーめん本店 [ラーメン店巡り]

先日ばんかららーめん本店に行ってきました。
結構前からあるお店ですが行ったことがなかったので訪問してみました。

BKR001.JPG

最近使用頻度の高いSD4000。

BKR002.JPG

テーブルには紅しょうが、白ごま、胡椒が配備。
水の隣にはニンニクと搾り器がありました。

BKR003.JPG

店名であるばんかららーめん+味玉をオーダー。
スープは醤油豚骨、背脂チャッチャ系で脂は強め。
甘味も豚骨の風味も良いのだが、醤油が支配的であると思います。
豚骨の出汁を期待していたのでこれは好みの問題か。
醤油味がしっかり、甘味もあり、背脂が効いているというかなり
濃厚な味の組み立てでした。

麺は中太のストレート麺。このスープには合っていると思います。
小麦の香りも普通に良好。

具材は大ぶりなバラチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、味玉。
チャーシューはやわらかくしっかりした味付け。
味玉は不可もなく及第点。メンマは香りよく食感も良好。
スープが濃厚なためネギ増しが私にはよかったかも。

かなり濃厚なスープに多めの背脂。その名の通りばんからならーめんでした。
コストパフォーマンスはとても良いのでストロングなラーメンと格闘したくなったら
また訪れようと思います。


らあめん花月 嵐 BLACK DEVIL [ラーメン店巡り]

先日OFF会でお会いしたさいもん様のBlogに登場したらあめん花月 嵐。
黒のカリスマ、蝶野正洋氏の店内ポスターが紹介されていたのですが
そのビジュアルの「暑苦しさ」がすっかり気に入ってしまい、
さっそく”BLACK DEVIL”を食してまいりました。

BD001.JPG

この日の時計はG-SHOCH GW-M5600-1JF 無理やりメタルコアバンドバージョンです。
ゼンマイを巻かずにすぐに出撃できるのは便利です。

BD002.JPG

これです。この絵面にやられました。
暑苦しさ、満点です。
店内放送でも蝶野氏のテーマソングと肉声によるBLACK DEVIL紹介が
流れており暑苦しさに輪をかけてくれます。正直、嫌いじゃないです(笑)

BD003.JPG

気を取り直して紹介に参りましょう。
カウンターにはらーめんタレ、胡椒、餃子用各種調味料などが配備。
この水は、喉が渇いていたせいか、とても旨かったです。

BD004.JPG

一足先に餃子が到着。ニンニクの効きも過剰ではなく、
野菜感も多分に感じられ合格ですね。ラー油のみで食しました。

BD005.JPG

さあ、来ましたBLACK DEVIL。
甘醤油味はその名の通り甘みの強い、醤油のコクのあるスープでした。
背油が多めであり重厚感があります。
そこに焙煎デビル七味が辛味と苦味をプラスしています。
甘味と背油が強い印象でしたので、もうすこし七味が効いていても良かったかもしれません。

麺は太麺が力強いスープとマッチ。湯で方がやや固めで私の好みちょうどでした。
太麺を噛みしめるのがとても食感がよく次々と口に入っていくのですが、麺の大盛りが
オーダーできないのが残念でした。
具材はしっとりチャーシュー。炒めたもやしとキャベツ。もう少し量が多いとバランスがいいと思います。

あくまでも私の印象と好みですが、上記のバランスを調節したほうがさらに美味しい一杯となるのでは。
スープ、麺、具材、香辛料の組み合わせはとても美味しいと思いました。
期間中にもう1回食べたいです。

BD006.JPG

カウンターにパンフレットがありましたので思わず持って帰ってきました。
自分にはあまりないと思われる男くささが満点の蝶野氏、この迫力いいですね。
これからも元気で活躍して欲しいです。


やすべえ初訪問 [ラーメン店巡り]

先日ちょっと友人と飲んだ後につけ麺が食べたくなりました。
健康のためには非常に良くないことなのですが・・・。
はじめてやすべえを訪問してみました。

YSB001.JPG

この日もウブロを装着。一応、時計ネタを。
酔っているので手が赤いですね(笑)

YSB002.JPG

カウンターテーブルの上にはギャバンのブラックペッパー、酢、
けずり節(粉末状になっていました)と荒みじん切りのたまねぎが配備。

YSB003.JPG

例によってもっともデフォルトのメニューであろうと思われるノーマルなつけ麺をオーダー。
これまた恒例の焼きのり追加。
今回は気温も高く、たくさん麺を噛みしめたかったのでひやもりにしました。(あつもりも無料で可能)

つけ汁は魚介の濃厚な風味が楽しめます。しかしどろどろしておらずさらっとした仕上がり。
特筆すべきはつけ汁に甘味があるということ。ときおり塩辛さがとても強い店もありますが
この甘さのある後口は非常に好印象でありました。
麺はウリである自家製麺。太めの麺は歯ごたえもありもちっともしており小麦の風味も良好。
せっかく用意されているので途中でつけ汁にけずり節を入れ
魚介風味をUPさせてみました。甘味とけずり節の香りがよく合い変化が楽しめました。
比較的家から近くにあるのでまた行きたいと思います。


前の10件 | - ラーメン店巡り ブログトップ