So-net無料ブログ作成

琉球泡盛 白百合 [焼酎]

先日の沖縄旅行のときに訪れた泡盛Bar 抱瓶で飲んでいたときに
バーテンダーさんの与那嶺 涼さんが私の好み・要望を踏まえて
泡盛を選択してくれました。

中でもこれを試してみてほしい銘柄があるとのお話。
先入観を抱かないためにアルコール度数以外はあえて説明をせずに提供します、とのこと。
飲み手重視のこのサービス、バーデンダーとしてすばらしいですね。
度数は43度とのことなので酒量よりやや少ない常温の水で加水し
推定25度でテイスティング。

香りは黒麹の香りが強くかなり個性的な感じ。
口に含むとその黒麹の香りが口から鼻腔を支配するも、
それと同時に舌の上に甘味が乗っかってきます。
黒糖焼酎のような濃密な甘さです。
飲み込んだ後には甘さと黒麹の香りがゆっくりと余韻を奏でながら消えていきます。

かなりくせのある風味と味ですが、とても気に入りました。
感想を彼に伝えると私も同じ感想です、との言葉の後にタネあかし。
 

AWMR001.jpg

石垣島は池原酒造所、「白百合 古酒43度」。
与那嶺さんいわく、「とてもクセが強く好き嫌いがはっきりする銘柄なので
どういうお答えかちょっとハラハラしました」とのこと。
すばらしく私の好みの味でした。GOOD JOB!! NICE WORK!!

とても気に入ったのでその場でスマホで検索し池原酒造所のHPをブックマーク。
後日直接酒造所と連絡をとり、代金を振込み後発送してもらいました。
画像の4合瓶に加え一升瓶も3本購入しました(笑)

AWMR002.jpg

クセは強いが好みに合うお酒を見つけましたので
これはもう器も合わせるしかありません。ホテルオリジナルの琉球ガラス製の
グラスを購入しました。このグリーン&ブルーカラー以外にも何種類かあり
どれも美しい色合いでした。

もう夏も終わってしまいましたが、このグラスで白百合を1杯やると
暑くそして美しい沖縄が思い出されます。
そしてすばらしいサービスマンであるバーデンダーさんも。


長期濃密熟成酒 かめ壷焼酎 森伊蔵 [焼酎]

焼酎ブームの最盛期は過ぎたと思われますが、ブームに関係なく
入手困難な焼酎は数多くあります。3M(魔王 村尾 森伊蔵)は有名ですね。
森伊蔵の中でも長期熟成させたというこの1本。
とあるルートから入手しました。
ちなみに普段飲んでいる芋焼酎の銘柄は 伊佐大泉、佐藤黒、伊佐美 です。
あと、賛否両論ある濱田酒造ですが 海童 祝いの赤 は個人的に好みの味です。

MIZ001.JPG

720ml、化粧箱入りです。

MIZ002.JPG

生産量が少なく、正規販売は高島屋での抽選のみとのこと。

MIZ004.JPG

飲み終わったらラベルレコーダーで保存ですね。

MIZ005.JPG

限定品の雰囲気をかもし出す封印。

MIZ003.JPG

瓶の色はフロストがかかった美しいグリーンです。
新しいロレックスの使用開始の決断と同じ感覚でいつ開けようか、悩みどころです。
日本酒と異なり開封後も保存状態が良ければ劣化しないので
決断は意外と早いと思います。


ku-su Bar 抱瓶 [焼酎]

沖縄滞在中は台風11号の影響で海に関する事は
残念ながら楽しめませんでしたが家族が寝静まったあとに
Barに行ってみました。

DB001.JPG

本館から数分歩いたところにある古酒Bar 抱瓶(だちびん)。
泡盛をメインにしたとても雰囲気のある静かなBarで独り飲みにぴったり。
とてもたくさんの泡盛があります。

DB002.JPG

このような珍しい泡盛も別メニューであります。

DB003.JPG

本島以外にも離島の泡盛も積極的にラインナップしています。
バーデンダーさんに色々な好みや要望を伝えたところ
的確な選択肢をいくつか提案してくれました。
その中から選択したのですが要望通りの風味で楽しめました。

DB004.JPG

とても楽しく飲めたので2晩連続で行ってしまいました。
再度バーテンダーのR.Yさんに色々提案してもらいました。
メニューには載っていない泡盛もあるのでどんどん聞いてみると良いと思います。
彼はとても誠実なサービスマンであり彼のおかげで楽しく酔うことができました。

雰囲気のある店内と多彩な泡盛、すばらしいバーテンダーさん、3つ合わされば
気分がよくならないわけがありません。
沖縄滞在中の素敵な思い出のひとつになりました。


今日の晩酌 [焼酎]

今日は泡盛で1杯やります。
程よく呑んで今日の疲れを取りましょう・・・
20140424N.jpg
明日も仕事頑張りましょう。