So-net無料ブログ作成
検索選択

忘年会2016 [日々のこと]

2016年も終わろうとしています。
先日職場の忘年会が開かれました。

bnks001.JPG

都内某所。
B1Fにあるフレンチのお店。(画像には一部加工を施してあります)

bnks002.JPG

厨房は店内と直接つながっています。
こじんまりとしていますがウッドの内装で雰囲気は抜群です。

bnks003.JPG

この日はHUBLOT。44㎜ケースですが、私の腕の最大径に比べ
そこまで大きく感じません。

bnks004.JPG

この日は貸し切りにしていただきました。
ナイフはシャトーラギオール製でした。

bnks005.JPG

シャンパーニュで乾杯。
私が好むノンドサージュのものを用意してもらいました。
銘柄は、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・

bnks006.JPG

まずは突き出しです。
ブリのグリル バルサミコソース
中は半生に仕上げてありとても鮮度のよい素材を用いてありました。

bnks007.JPG

前菜
赤ピーマンのムース・コンソメジュレ・カニとホタテの和え物・生ウニ
それぞれ生臭さは皆無であり極上の味わいでした。
赤ピーマンの香りがさわやかでよかったです。

bnks008.JPG

フォアグラとピスタチオのテリーヌ。
シャンパーニュにピッタリの一品です。

bnks009.JPG

スッポンのコンソメ 柚子風味
濃厚かつ後味さっぱりなスープにスッポンであつらえたがんもどきが
入っています。シェフは和風のテイストをふんだんに取り入れました、
とおっしゃっていました。

bnks010.JPG

オマール海老と白子のソテー マスタードソース
海老はふんわりと白子はとろりと、それぞれの食感が最高でした。
お店中にトリュフの香りが広がりとても贅沢な一皿でした。

bnks011.JPG

本日のメインは和牛頬肉の煮込み。
しっとりとした肉が濃厚なソースと相まってとても美味でした。
かぼちゃのピューレも舌触りがよく丁寧な仕事で仕上げてありました。

bnks012.JPG

デザートプレート。
中央のリンゴのパイは焼きたてです。

どのお皿も美味しく満足しました。シェフも食材や調理法を
いろいろ説明してくれて楽しかったです。

bnks013.JPG

さて、解散後は一人二次会を開催しました。
ネッビオーロのグラスワインをゆっくり飲みました。

bnks014.JPG

定番のパニーニ。さすがに満腹だったので1/4を食べて
テイクアウトさせてもらいました。

2016年もあと10日ほどですね。
終わりよければすべてよし、災いなく終わりたいものです。


Ferrari Daytona spider [LEGO]

レゴオリジナル作例です。
今回は昔から好きな車を作製したので紹介します。
それはフェラーリ デイトナスパイダーです。

d001.JPG

ボディは黒、内装はタンとしました。

d002.JPG

V12エンジンをフロントに搭載しているロングノーズを再現しました。

d003.JPG

車体は6幅でフロントガラスは4幅を使用しました。6幅でスポーティな
ガラスパーツのリリースを期待しているのですが・・・

d004.JPG

シート後ろの幌を収納する部分はカーブスロープを用いました。

d005.JPG

リア丸目4灯も実車通り、バンパー淵のメッキ部分は1×1スロープを
シルバーにすることで表現。

d006.JPG

4本出しマフラーはテスタロッサで培ったノウハウを流用。

d007.JPG

デイトナスパイダーはマフラーが後方に突出しているので
リアエンドよりも後方に突き出るようにしました。
さらにテスタロッサと異なり、バンパーより下部で突き出して
いるため、双眼鏡パーツの上に1×1プレートを1枚かまして
あります。

d008.JPG

車体全体の長さ、ホイールベース長をいろいろ検討し
このバランスに組み上げました。

d009.JPG

フロント部。ヘッドライト両端部はクリアオレンジを
用いようと思いましたがウインカーはボディサイドに配置しました。
フロントもバンパーのメッキ部分を1×1スロープで表現。

d010.JPG

中央のグリル部も銀色のパーツを用いました。

d011.JPG

V12を収める大きなボンネットはカーブスロープを使用。

d012.JPG

ボンネットに存在するエアスクープもくぼみをつけて表現。

d013.JPG

画像が暗くわかりにくいのですがリアフェンダー後方の
ボディサイドにクリアレッドでリアサイドマーカーを再現しています。
マフラーの突き出し具合が本当にいい感じです。

d014.JPG

コクピット。内装は可能な限りタンのパーツを使用。

d015.JPG

メーター、シフトレバーを配置。
この辺はMADMAXインターセプターのノウハウです。

d016.JPG

実車の再現と、公式のレゴの製品のような仕上がりの
両方に留意して組み上げました。

d017.JPG

さて、フェラーリと言えば赤がポピュラーですが、
黒ボディとタンの内装にしたのは理由があります。

d018.JPG

それはこの人が乗る車だからです。
誰でしょう?

d019.JPG

答えは、MIAMI VICEの主人公、ソニー・クロケット刑事です。
白いジャケットにインナーはTシャツだと最高なのですが
ピッタリのトルソーが見つからず、白にしました。

d020.JPG

MIAMI VICEで活躍していたこの車を作りたかったのです。

d021.JPG

もちろんフィグ乗り可能。

d022.JPG

ドライバーがホイールベースのかなりリア側に着座する
実車のスタイルが表現できたと自画自賛しています。

d023.JPG

クロケットの髪型とサングラスをかけた表情も
再現度としてはなかなかではないでしょうか。

d024.JPG

ドライバーより前が長く後ろが短いことがお解りいただけると思います。

d025.JPG

黒いデイトナスパイダーとクロケットは本当にカッコいいです。
DVD-BOXを全部揃えているのでいつでも映像を見ることができます。

d026.JPG

MADMAXに続きMIAMI VICEも再現!
今回の出来も満足しています。