So-net無料ブログ作成

レゴ熱、再燃・・・。 [LEGO]

振り返ると幼稚園の頃からレゴで遊んでいました。
大人になってからは遠ざかっていたのですが、最近Amazonなどで
見かけるたびに最近のレゴはパーツの種類も増えて表現豊かになったなあ、
と思っていました。

昔は実現困難であったことも立体化できそうな気がしてきました。
また、商品として販売されているセットを改良・改造したら面白そうと思い、
レゴに再び手を出してみることとしました。

lego-1-630x0.jpg
現在いくつかの作品を作成中です。形になったら紹介していく予定です。


自分好みのクロノタイム完成・・・! [TUDOR]

先日予告したTUDOR クロノタイムですが、
文字盤交換とオーバーホールから帰還しました。

TCTB001.JPG

定番の宅配便にて到着。日本ロレックスまで出向いて
受け取らなくてもよいのは本当に助かります。

TCTB002.JPG

返却ケースと明細書。

TCTB003.JPG

銀色のテープをカッターで切りOPEN。
今回文字盤・針の返却はないので(元の文字盤がTIGER表記であるため)
時計のみの帰還です。

TCTB004.JPG

完成したその姿は・・・

TCTB005.JPG

79270 ブルーメタリック/アラビア 3連ブレスレット!

私が過去にクロノタイムに関して、
「かまぼこケース・ロレックスリューズ・ロレックス裏蓋」
しか認めていなかった時期がありました。
その時はメタリックカラーでギョウシェ彫りの入ったこの文字盤は
もっとも嫌いな文字盤でした。
クロノタイムにグリーンやブルーのカラーは似合わないと思っていました。
また、この文字盤はクロノタイムの歴史の中で後期にラインナップに加わったため
3連ブレスレットではなく必ず5連ブレスレットが組み合わされていました。
しかしクロノタイムに関して数多くの情報や画像に触れるうちに
クロノタイム全般を許容できるようになりました。
(但しブレスレットに関しては今でも3連が好みですけれど・・・)

そんなときに実物のブルーメタリック/アラビアを目にしたときに
その美しさに心を奪われました。深いコバルトブルー、ギョウシェ彫りに
よって光の反射が変化する美しさ。

その美しい文字盤をもっとも愛する回転ベゼルモデルに組み込み、
さらに好みの3連ブレスレットを組み合わせたら・・・?
そんな願望を具体化してみました。
ネット上にクロノタイムの画像は数多くあれど、回転ベゼルに
ブルーの文字盤の組み合わせは今までに見たことがありません。

TCTB006.JPG

予想以上の出来栄えとなりとても気に入っています。
今回ベゼルインサート、サファイヤガラスを新調しているので
極上コンディションで仕上がりました。費用はかなりかかりましたが・・・

TCTB007.JPG

放射状に広がるギョウシェ彫りの美しさ。

TCTB008.JPG

光の当たり具合でコバルトブルーの色調が変化します。
写真で表現するのが少々難しいところです。

TCTB009.JPG

同アングルのルミノーバショット。
インデックスに配置された小さめのドットが控えめに光ります。

TCTB011.JPG

赤いクロノ針が良いアクセントになっています。

TCTB010.JPG

ストレートでシンプルな時分針。夜光の配置もごくシンプル。

TCTB012.JPG

明るめの室内光の下ではブルーは鮮やかに見えます。
通常の明るさでは深みのあるコバルトブルーに変化します。
最近ブルーの文字盤の新作腕時計が増えてきたような気がします。
その流れを偶然にも取り入れた形です。

TCTB013.JPG

今までに見たことのない79270のブルー文字盤。いかがでしょうか。
ややセイコーファイブっぽさもあるかもしれませんが・・・
メタリックカラーの文字盤はブルー、レッド、グリーンが存在します。
標準の5連ではなく3連ブレスレットのシンプルさもよく似合うと思います。