So-net無料ブログ作成
検索選択

Watch List その9 ロレックス ミルガウス Ref.116400 [ROLEX]

Watch List その9 ロレックス ミルガウス Ref.116400

消費税UP前に2本入手した私ですがまだ心が落ち着きません。(←おいおい・・・。)
公式ホームページを見るとまだまだスポーツロレックスのラインナップが
あるではありませんか。
ミルガウスに関しては、モデル復活しすごいプレ値で取引されている・・・
グリーンのガラスのモデルが話題である・・・との情報は知っていました。
思い返せば1989年頃、サブマリーナを購入しよう心に決めたときに
雑誌でよく見かけていたのがミルガウス(Ref.1019)でした。

MG1019.jpg

磁力に対抗するという専門性が当時の私の心に響き、シンプルなフェイスと相まって
気になる存在となっていました。
しかしサブマリーナという当時から完成された文字盤、ベゼルのデザインにはかなわず、
目標はサブマリーナ購入となりました。
いま考えれば先代ミルガウスは1989年頃までの販売だったようで、
購入資金が貯まったときにはデイスコンだったでしょうね。

いろいろ思案しているとミルガウス黒は2013年度でデイスコンになるのではという
噂が耳に入りました。Ref.1019にもっとも似たフェイスを持つのは黒かなという思いと、
ミルガウスといえばGVという現在の風潮に反したいという思いからミル黒にターゲットを決定しました。
時は3月、年度末で忙しく店頭に出向く時間がとれませんでした。
そこで外商の担当さまにTELし自宅で見せていただくことにしました。
先月のGMTマスターのときは在庫がなく縁がありませんでしたが、今回はちょうど在庫がありました。
売り場から借りてきていただいた時計は輸送ケース(ヘビーユーザー様がよく持っておられるアレです。)
に入っていました。
対磁ミドルケースを格納しているがゆえのケースの厚みと重みは好印象。
初代Ref.6541を彷彿とさせるイナズマ秒針・・・サブマリーナを買うときにあったミルガウスへの興味・・・
MRI装置でブルガリをオシャカにした経験・・・ミルガウスが対象としている職業をしている自分・・・
これらの思いが1つになって購入の決断に至りました。
重症ロレ感染症患者に迷いの2文字はありませんでした・・・。
もちろんこの場ではブレス調整等はできないため結局1回は来店ということになりました。
3月中旬になんとか時間を作り受け取りに行きました。

MGS001.JPG

シンプルなバーインデックスはクロマライト夜光。

MGS005.JPG

オレンジのインデックス・秒針が目立ちますね。

MGS002.JPG

リューズガードがなくシンプルな造形。

MGS003.JPG

裏蓋にはMILGAUSSの刻印。

MGS004.jpg

ルーレット刻印はジャスト中央でした。

MGS006.JPG

定番のリストショット。エクワンと比較するとやはりケース厚が違います。
重量があるので腕を振ると動きが大きく慣性の法則をより感じます(笑)

GMTマスターと同様にポリッシュ部分が多いのでいまだ実用には至っておりません。
現在は夜の鑑賞要員となっています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

NINJA300

悪いが、どうみても、手首の大きさに比べて大きすぎる。

by NINJA300 (2016-11-28 17:52) 

skywave

NINJA300様

そうかもしれません。
貴重な御意見ありがとうございました。 
by skywave (2016-11-28 23:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: